エアオプティクス乱視用

エアオプティクス乱視用とは

エアオプティクス乱視用は、2週間使い捨ての乱視用コンタクトレンズです。チバビジョンから発売されていた商品ですが、2014年1月1日付でチバビジョンは日本アルコン株式会社と法人統合しました。医療機器や眼内レンズ、点眼薬等の医薬品を扱う日本アルコン株式会社と、コンタクトレンズ、レンズケア製品を扱うチバビジョン株式会社が統合したことで、益々期待が高まっています。

 

乱視用コンタクトレンズは、目の中で決まった位置に安定していることが大切です。レンズがずれてしまっては、きちんと矯正効果を発揮出来ないからです。そのため、エアオプティクス乱視用は、独自の「プレシジョンバランス8|4?デザイン」を採用しています。

 

これは、レンズの4時から8時の位置を厚めにすることで、レンズが回転するのを防ぎ、位置を安定させるというものです。といっても、レンズのエッジ部分全体は薄く仕上げられていて、特に下まぶたに当たる部分は薄く作られています。まぶたとの摩擦が小さく抑えられているので、つけ心地が良いというわけです。

 

目の健康のために、酸素はとても大切です。目が酸素不足になると、充血したり、角膜に傷や細菌がついてしまうこともあります。思わぬ目のトラブルを引き起こさないためには、装用時間をきちんと守り、目が酸素不足にならないように気をつける必要があります。また、コンタクトレンズを選ぶ時は、酸素透過率が高いものを選ぶのも良いでしょう。

 

エアオプティクス乱視用は、次世代素材のシリコーンハイドロゲルを採用しています。シリコーンハイドロゲルは、親水性ゲルにシリコーンを結びつけたもので、酸素透過率が非常に高いことで知られています。そのため、エアオプティクス乱視用は、裸眼時の98%の酸素を角膜に届けることが出来るのです。

 

シリコーンハイドロゲルのレンズは、脂質などの汚れがつきやすいという難点もあります。そこで、エアオプティクス乱視用には独自の表面加工を施してあります。表面が滑らかに加工してあるので涙となじみやすく、汚れが付着しにくくなっているのです。

 

脂質の汚れには、体から分泌されるものと外部からのものがあります。女性の場合は化粧品に含まれる脂質がレンズを汚してしまうこともあるので、気をつけて下さいね。

 

エアオプティクス乱視用関連ページ

デイリーズ トーリック
アルコン(旧チバビジョン)の1日使い捨て乱視用コンタクトのデイリーズ トーリックとは?