遠視性乱視 近視性乱視

遠視性乱視と近視性乱視の違いは?

乱視には正乱視と不正乱視があり、正乱視の中には更に遠視性乱視と近視性乱視と呼ばれる種類があります。

 

これらの乱視はそれぞれ遠視や近視になったことで引き起こされるケースが多く、自分では気付いていないけれど遠視性乱視や近視性乱視を併発している人も少なくありません。と言うのも、遠視や近視になると目に負担をかける機会がどうしても増えるため、知らぬ間に乱視を引き起こしていることがあるためです。

 

遠視性乱視は遠視と乱視を併発した状態を指し、近視性乱視は近視と乱視を併発した状態を指します。

 

遠視や近視を矯正するために眼鏡やコンタクトレンズを使用しているものの、目の疲れを頻繁に感じたり、物がはっきり見えないなどの症状が見られる場合には、乱視を併発している可能性があります。乱視による視力の低下は、近視や遠視を矯正するだけでは補えませんから、乱視に対応した矯正器具が必要です。

 

乱視の特徴として挙げられるのが、光の屈折率の異常ですが、これによって焦点を1つに結ぶことができないのが乱視の状態です。焦点が結べないことで対象物をはっきりと捉えることができず、正しい映像を映し出すことが困難になってしまうのが乱視なのです。乱視の症状が現れ始めると、無意識に目を酷使するようになるため、気付かないうちに乱視を悪化させてしまっているケースも多く見られます。

 

特に遠視の人は、対象物までの距離に関わらずピントを合わせづらい傾向があるため、近視の人よりも眼精疲労が起こりやすくなります。慢性的な眼精疲労は乱視を悪化させる原因にもなりますから、少しでも疲れやすさを感じたら、眼科に相談することをお勧めします。