乱視視力矯正器具

正乱視と不正乱視による乱視の視力矯正器具

視力の低下を矯正するには、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正器具が有効ですが、乱視の場合にはこれらの矯正具が全て使用可能とは限りません。全ての矯正具を使用できる場合もありますが、限られた物しか使えない場合もあるため、自分の乱視の種類を把握した上で、使用可能な矯正具についても認識しておくといいでしょう。

 

まず乱視の種類には大きく分けて正乱視と不正乱視がありますが、正乱視の場合にはほとんどの視力矯正器具を使用することができます。でもそうは言っても、乱視に対応した機能を持つ物でなければいけませんから、乱視用の眼鏡やコンタクトレンズを選ぶ必要があります。

 

コンタクトレンズを使用する場合には、ハードコンタクトレンズもしくは乱視用のソフトコンタクトレンズが有効です。ソフトタイプのコンタクトでは、最近では使い捨てタイプのコンタクトが人気があります。

 

これらの矯正具を使用する場合には、使用中にずれないことが非常に重要なポイントとなります。特に眼鏡はサイズや形によってずれやすい場合がありますから、購入前に試着をして顔の形や大きさに合う物を選びましょう。またコンタクトレンズも目が渇くとずれやすくなりますから、ドライアイの傾向がある人などは、目薬などを常備してずれないようにする工夫が必要です。

 

一方、不正乱視の場合には使用できるコンタクトレンズの種類が限られてしまうのが現状です。正乱視と異なり、不正乱視にはソフトコンタクトレンズの使用は不可とされており、ハードタイプのみが使用可能となります。また眼鏡もほとんどの場合には使用できないようですから、矯正具のバリエーションは少なくなることを頭に入れておきましょう。