乱視 矯正方法

幾つかある乱視の矯正方法

乱視というのはちょっと困ったもので、物や文字がただ見えづらいというだけでなくて、物や文字が二重に見えてしまったりもします。

 

乱視にも程度があり、程度が軽いものは、通常の近視矯正でそれとなくカバーできてしまいます。実は私も軽度の乱視なのです。眼科や眼鏡屋で、乱視と判定されることもあれば、乱視とは判定されないこともあったりする程度です。

 

この私のような程度であれば、普通の近視用眼鏡や、近視補正コンタクトで充分ことが足ります。しかし、ある程度はっきりとした乱視が生じているようであれば、やはり乱視用の矯正が必要になってきます。

 

乱視の矯正方法としましては一般的なのは、乱視用眼鏡を作ること、また乱視用コンタクトレンズで矯正する方法になるでしょう。これ以外にも方法があり、レーシックという方法もあります。レーシックはある程度高額の矯正方法となりますが、最近では人気の方法のひとつです。

 

またそれ以外には、オルソケラトロジー、ウェーブフロントレーシック、ラセック、フェイキックIOLといった方法もあります。こちらのコーナーでは、これら各種の乱視矯正方法についてみて生きたいと思います。あなたのケースに最適の乱視矯正方法を見つけてください。

 

乱視の矯正方法記事一覧

コンタクト

遠視や近視を含む多くの視力トラブルと同様に、乱視も矯正器具を使うことで視力を矯正することが可能です。しかし、乱視の場合は程度によって矯正器具の使用範囲が限られることがあります。乱視が悪化すると、まず最初に眼鏡の使用が制限されます。乱視の場合、眼鏡で矯正できる範囲が限られているのですが、眼鏡で矯正がで...

≫続きを読む

 

眼鏡

乱視は角膜の湾曲によって引き起こされる症状ですが、湾曲の状態が軽度であれば視力に問題が生じないケースも多々あります。人間の角膜は完全な球体ではなく、従って健康な人の角膜にも多少の歪みがあるものですが、湾曲の程度が少なければ乱視と診断されることはありません。また乱視と診断された場合でも、ごく軽い症状で...

≫続きを読む

 

レーシック

ここ数年話題となっているレーシックですが、乱視の矯正にもレーシックは適用可能です。レーシックは角膜の屈折矯正手術のことで、乱視に見られる光の屈折の乱れを矯正することで視力の矯正を可能にします。ただし、レーシックは誰でも受けられる手術と言うわけではありません乱視に限らず遠視や近視の場合でも、レーシック...

≫続きを読む

 

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、通常のレーシック手術よりも高精度のレーシック手術です。乱視などで低下した視力の矯正を図るには、まず眼球の状態を知ることが不可欠です。ウェーブフロントは、従来の検査や治療では掴むことができなかった眼球の詳細情報のことで、この詳細情報の認識を可能にしたのがウェーブフロント解...

≫続きを読む

 

オルソケラトロジー

「オルソケラトロジー」と言う視力矯正法があるのをご存じでしょうか。他の矯正方法と同様に、このオルソケラトロジーも万人に適用可能な矯正方法ではありませんが、中程度の近視や初期の乱視に対して有効な矯正方法だと言われています。このオルソケラトロジーのメリットは、何と言っても日中に矯正器具を装着する煩わしさ...

≫続きを読む

 

ラセック

乱視や近視などの視力矯正術として幅広い人気を得ているのがレーシックですが、中でも適用可能な範囲が広いとされているのが、ラセックと呼ばれる矯正方法です。レーシックの場合、近視の度合いが高い人や激しい運動をする機会の多い人には適用が難しいとされていますが、それらの人でも受けられるのがラセックです。またレ...

≫続きを読む

 

フェイキックIOL

乱視を矯正する方法の中には、フェイキックIOLと呼ばれる矯正方法があります。フェイキックIOLとは有水晶体眼内レンズのことで、簡単に言うとコンタクトレンズを瞳孔の上に乗せる矯正法です。日本語では、眼内コンタクトレンズ挿入術とも呼ばれています。日本の北里大学の清水公也教授による考案の方法で、現在では厚...

≫続きを読む

 

病院選びの注意点

コチラのコーナーでは、乱視の矯正方法として、手術を選択する場合についてもご紹介して参りました。ただ強調しておきたいことは、手術を実施する病院についてよく調べることが大切です。手術後に「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、事前に調べられることはしっかりと調べておきましょう。病院を選ぶ際にまずチ...

≫続きを読む