コンタクト 乱視矯正

コンタクトで乱視を矯正する

遠視や近視を含む多くの視力トラブルと同様に、乱視も矯正器具を使うことで視力を矯正することが可能です。しかし、乱視の場合は程度によって矯正器具の使用範囲が限られることがあります。乱視が悪化すると、まず最初に眼鏡の使用が制限されます。

 

乱視の場合、眼鏡で矯正できる範囲が限られているのですが、眼鏡で矯正ができない場合に推奨されるのが、コンタクトレンズの使用です。乱視に使用できるコンタクトレンズは、乱視用のソフトコンタクトレンズもしくはハードコンタクトレンズです。コンタクトレンズには使い捨てや継続使用のものなど多くの種類がありますが、乱視用のコンタクトにもたくさんの種類があります。

 

乱視の人がコンタクトレンズを使用する際に注意すべきなのが、目の中でレンズが回転しないようにすることです。近視や遠視の場合、レンズが回転しても視力に影響はありませんが、乱視の場合は回転することで大きな影響が生じます。乱視の場合、コンタクトレンズを使用することで角膜の湾曲を矯正する必要がありますが、レンズが回転すると目とレンズの軸がずれてしまい、湾曲が矯正されなくなってしまいます。

 

このため、乱視用のソフトコンタクトレンズは特定の個所が常に下に向くように作られています。ハードタイプのコンタクトレンズは、ソフトタイプに比べて回転による不都合が起こりにくいため、乱視の矯正にはどちらかと言うとハードタイプが広く使われているようです。

 

また乱視の中でも不正乱視の場合には、特にハードタイプが推奨される傾向があります。ただし、場合によってはコンタクト自体が使用不可能と診断される場合もありますから、医師とよく相談しましょう。

 

コンタクト関連ページ

眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。