メガネ 乱視矯正

眼鏡で乱視を矯正する

乱視は角膜の湾曲によって引き起こされる症状ですが、湾曲の状態が軽度であれば視力に問題が生じないケースも多々あります。

 

人間の角膜は完全な球体ではなく、従って健康な人の角膜にも多少の歪みがあるものですが、湾曲の程度が少なければ乱視と診断されることはありません。また乱視と診断された場合でも、ごく軽い症状であれば日常生活に支障が現れることもないでしょう。

 

乱視になると、程度によって矯正器具の使用範囲が限られる場合があります。重度の乱視の場合には眼鏡による矯正は不可能とされていますが、軽度の乱視であれば、眼鏡で矯正することも十分に可能です。

 

乱視の視力矯正には、眼鏡の他にハードコンタクトレンズが推奨されていますが、コンタクトの場合角膜に異物を乗せることになるため、注意が必要です。

 

その点、眼鏡なら角膜を傷つける心配もなく、衛生面のリスクもほとんどないと言っていいでしょう。とは言え、矯正力で言えばコンタクトレンズの方が優れているのは間違いありませんから、眼鏡の場合には多少の不都合さを覚悟する必要があります。

 

乱視の矯正で使用される眼鏡には、円柱レンズと呼ばれるレンズを使います。円柱レンズは光をコントロールすることで焦点を絞りやすくするためのレンズで、乱視の矯正には欠かせないものと言えます。

 

近視や遠視を併発している人は、これと球面レンズを併用することで、遠視・近視と同時に乱視を矯正し、クリアな視界を手に入れることが可能になります。

 

眼鏡関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。