ラセック 乱視矯正

ラセックで乱視を矯正する

乱視や近視などの視力矯正術として幅広い人気を得ているのがレーシックですが、中でも適用可能な範囲が広いとされているのが、ラセックと呼ばれる矯正方法です。

 

レーシックの場合、近視の度合いが高い人や激しい運動をする機会の多い人には適用が難しいとされていますが、それらの人でも受けられるのがラセックです。またレーシックを受けるには角膜にある程度の厚さがなければならず、従って生まれつき角膜が薄い人などは適用不可能と診断されますが、これもラセックであれば受けることができます。

 

ラセックの手術では、角膜上皮を除去後、エキシマレーザーでの矯正が行われます。レーシックは不正乱視の人にも適用されないことがほとんどですが、この場合にもラセックなら適用可能です。ラセックはレーシックに比べてフラップのズレが生じにくいため、スポーツ選手などにも適した矯正術だと認識されているようです。

 

ラセックの手術後は、角膜を守るための専用のコンタクトレンズを装着する必要があります。手術後1週間はこのコンタクトレンズを装着し、1週間後に上皮の再生具合を確認した上で、許可が下りれば外すことができます。手術が終われば全てが終わりと言うわけではありませんから、術後の通院期間なども考慮の上でスケジュールを決めることをお勧めします。

 

乱視を矯正するための方法は他にも色々とありますが、乱視の状態や程度によって選択肢は変わってきます。受けたい矯正術が必ず受けられると言うわけではありませんから、まずは専門機関で診察を受け、医師と相談の上で矯正方法を検討しましょう。

ラセック関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。