レーシック 乱視矯正

レーシックで乱視を矯正する

ここ数年話題となっているレーシックですが、乱視の矯正にもレーシックは適用可能です。レーシックは角膜の屈折矯正手術のことで、乱視に見られる光の屈折の乱れを矯正することで視力の矯正を可能にします。ただし、レーシックは誰でも受けられる手術と言うわけではありません

 

乱視に限らず遠視や近視の場合でも、レーシックでの矯正が可能な範囲は限られています。視力低下の度合いや目の状態によってはレーシックでの矯正が不可能な場合もありますから、まずは診察を受けて状態を確認してもらう必要があります。

 

乱視の中でもレーシックが適用されやすいのが、正乱視です。正乱視は角膜の形が楕円形をしているのが特徴で、その歪んだ角膜の形が屈折異常を引き起こしている状態です。

 

角膜の歪みの方向によって倒乱視、直乱視、斜乱視に分けられますが、いずれの場合も歪みの方向に合わせてレーザーを走らせることで角膜を削り、光の屈折バランスを均一に整えます。

 

正乱視でレーシックの適用が不可だと診断された場合には、イントラレーシックを検討するケースが多く見られます。ただし、これも必ず受けられると言うものではありませんから、やはり担当医とよく相談する必要があります。

 

また不正乱視の場合、レーシックの適用は困難なケースがほとんどだと言われています。不正乱視は正乱視に比べて屈折異常の度合いが著しく、また個人差も激しいためレーシックによる矯正が不可能な場合が少なくありません。不正乱視に適用可能な矯正方法としては、エピレーシックやハードコンタクトレンズの装着などが挙げられます。

 

レーシック関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。