オルソケラトロジー 乱視矯正

オルソケラトロジーで乱視を矯正する

「オルソケラトロジー」と言う視力矯正法があるのをご存じでしょうか。

 

他の矯正方法と同様に、このオルソケラトロジーも万人に適用可能な矯正方法ではありませんが、中程度の近視や初期の乱視に対して有効な矯正方法だと言われています。このオルソケラトロジーのメリットは、何と言っても日中に矯正器具を装着する煩わしさがないと言うことでしょう。

 

オルソケラトロジーでは、患者の角膜の形状に合った専用のハードコンタクトレンズを装着することで、視力矯正を図ります。

 

通常のコンタクトレンズと違うのは、日中ではなく就寝中に装着するタイプだと言うことです。通常のコンタクトレンズは眼鏡と同じ働きをしますが、オルソケラトロジーで使用されるコンタクトレンズは、角膜表面の形状を矯正するためのものです。

 

つまり眼鏡や通常のコンタクトレンズと違い、低下した視力を補うためではなく、角膜のトラブルそのものを矯正するためのコンタクトレンズなのです。

 

この矯正方法で角膜の形状を整えるには、3ヵ月程度かかると言われていますから、腰を据えてじっくりと取り組む必要があります。視力の改善効果は患者の年齢が若いほど高い効果が見られるとのことですから、若いうちに乱視が発覚した人などにはお勧めの矯正方法だと言えるでしょう。

 

オルソケラトロジーのデメリットとしては、治療費が高額になることが挙げられます。この矯正方法は健康保険の適応範囲外となりますから、自費での負担が必要となります。また重度の乱視やドライアイ、円錐角膜の人はオルソケラトロジーを受けられない場合がありますから、注意が必要です。

 

オルソケラトロジー関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。