フェイキックIOL 乱視矯正

フェイキックIOLで乱視を矯正する

乱視を矯正する方法の中には、フェイキックIOLと呼ばれる矯正方法があります。フェイキックIOLとは有水晶体眼内レンズのことで、簡単に言うとコンタクトレンズを瞳孔の上に乗せる矯正法です。日本語では、眼内コンタクトレンズ挿入術とも呼ばれています。

 

日本の北里大学の清水公也教授による考案の方法で、現在では厚生労働省も認可した近視・乱視矯正法となっています。

 

乱視の視力矯正方法としてはレーシックが有名ですが、フェイキックIOLではレーシックのように角膜に直接手を施すことはなく、目の中にコンタクトレンズを設置することで視力の矯正を図ります。

 

レーシックは、近視や乱視の度合いがひどい場合や角膜の厚みが不足している場合、また円錐角膜を引き起こしている場合には受けることができませんが、フェイキックIOLならこれらの症状を持つ人でも受けることができます。角膜に触れないだけでなく、設置したレンズはいつでも取り出すことが可能なため、リスクの少ない矯正法であることは間違いありません。

 

レンズを設置する際には角膜の周囲を切開する必要が生じますが、それもほんの数ミリ程度ですから、角膜の形状や働きには何ら影響を与えることはありません。

 

またレーシックだけでは矯正効果が弱いと言う場合にも、フェイキックIOLを適用することがあります。高度の近視や乱視には、レーシックとフェイキックIOLを併用する治療法が存在しますが、この2つの矯正法を併用することで、より高い効果を得ることが期待できます。

 

フェイキックAOLもレーシックも、目の形状や症状によって適用の不可が決定されます。自分が受けたいと思った矯正術が必ず受けられるわけではありませんから、その点は肝に銘じておきましょう。また、レーシックと比べてまだまだ費用が高い点も現時点ではネックかもしれません。レーシックの数倍から10倍近くの施術費用が掛かります。

 

メリットも大きい治療方法だけに、今後の展開も見極めながら、見逃せない方法であることは間違いなさそうです。

 

 

 

フェイキックIOL関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントレーシックという高度なレーシック方法で乱視矯正をするという方法もあります。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。