ウェーブフロントレーシック 乱視矯正

ウェーブフロントレーシックで乱視を矯正する

ウェーブフロントレーシックは、通常のレーシック手術よりも高精度のレーシック手術です。乱視などで低下した視力の矯正を図るには、まず眼球の状態を知ることが不可欠です。

 

ウェーブフロントは、従来の検査や治療では掴むことができなかった眼球の詳細情報のことで、この詳細情報の認識を可能にしたのがウェーブフロント解析装置です。ウェーブスキャンと呼ばれる解析装置では、これまで解析することが不可能だと言われていた不正乱視の状態を解析することも可能になりました。

 

眼球の状態と言うのは千差万別で、個々で形状が異なります。乱視や近視の矯正を図る場合、眼球の状態をどれだけ細かく把握しているかが矯正術を成功させるためのカギと言えます。

 

ウェーブフロントレーシック手術に際しては、ウェーブフロントアナライザーと呼ばれる検査機器で細かな湾曲や凹凸を把握した上で矯正術を施しますから、より高精度な仕上がりが期待できます。

 

このため、ウェーブフロントレーシック手術を受けると、通常のレーシック手術を受けた場合よりもより自然な視界を得られるようになると言います。通常のレーシック手術では、夜間の光がにじんで見えたり、逆に不自然に明るく見えたりすることが多いですが、ウェーブフロントレーシック手術ではこのような症状は見られません。

 

現在、ウェーブフロント技術は様々な矯正術に取り入れられており、イントラレーシックと融合したウェーブフロントイントラレーシックや、エピレーシックに取り入れたウェーブフロントエピレーシックなどもあります。乱視や近視など、視力の低下を矯正したいと考えている人は、これらの矯正法を検討してみるのもいいかもしれません。

 

ウェーブフロントレーシック関連ページ

コンタクト
コンタクトで乱視を矯正する方法について解説しています。
眼鏡
眼鏡で乱視を矯正する方法について解説しています。
レーシック
レーシックで乱視を矯正する方法について解説しています。
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーという言葉を聞いたことはありますか?こちらのページでは、オルソケラトロジーで乱視を矯正する方法について解説しています。
ラセック
レーシックに似た言葉でラセックという言葉があります。どちらも視力矯正の方法の名前なのですが、ラセックで乱視矯正をする方法というのは、どのようなものなのでしょうか。
フェイキックIOL
レーシックだけえは矯正力が弱いときなどに用いられる手法として、フェイキックIOLという視力矯正があります。レーシックとはまた違った方法として、今後さらに注目が高まる可能性があります。
病院選びの注意点
レーシックをはじめ、乱視視力矯正のための手術を選択される場合は、十分に慎重に手術先を選ぶようにしてください。