乱視 近視

乱視と近視について

近視の症状を確認しようと眼科へ行ってみたら、実はそこで乱視も発覚したと言う人は少なくありません。この事実だけを考えると、乱視と近視に関連性があるかのようにも見えますが、実際にはこれら2つは独立した異なる現象であり、原因も症状も異なります。ここでは、近視と乱視の違いについて説明していきます。

 

症状としては、遠くの物が見えなくなるのが近視で、遠近に関わらず物がぼやけて見えるのが乱視です。近視になると、映像が網膜よりも手前で映し出されてしまうために、遠くの物が見えないと言う現象が起こります。また乱視の場合には、角膜の歪みや凹凸により焦点を1つに絞ることができないため、物が2重に見えたりぶれて見えたりします。

 

冒頭で近視と乱視には関連性がないと述べましたが、近視になったことが原因で乱視が悪化することはあり得ます。これは近視になった人によく見られる癖が原因なのですが、近視の人は裸眼で物を見る時に目を細めることがよくあります。この動作は角膜に無理な圧力をかけ、歪みを引き起こす要因となります。

 

こうして歪んだ角膜は焦点を1つに絞れなくなり、乱視となってしまうわけです。近視になったと感じた人が眼科へ行った際に乱視も指摘されることが多いのは、このためです。

 

乱視の原因は上記のように角膜への圧力や目の酷使なのですが、近視の場合、遺伝的な要素も色濃く見られます。また生活習慣が原因で引き起こされることも多いため、自分で気をつけることで予防することも十分に可能です。

 

近視でも、また乱視であってもコンタクトレンズ装用で補正することが可能です。乱視用コンタクトが各社から発売されていますので、それらを利用することにより、乱視であっても眼鏡でなく、コンタクトで済ますことができます。