乱視 老眼

乱視と老眼について

乱視の人は老眼になりやすいかという問題ですが、乱視と老眼には相互関係はないと考えられています。乱視の原因が、角膜や水晶体の歪みまたは凹凸であるのに対し、老眼は目の老化によるものであるため、根本的な原因に関連性はありません。特に老眼は加齢により誰にでも起こり得るものですから、老眼には先天性や後天性と言った概念は存在せず、また避けられないものであると言えるでしょう。

 

乱視には先天性の乱視と後天性の乱視が存在しますが、後天性の乱視の場合には生活習慣の改善や心がけによって予防することが十分に可能です。一方で、老眼は老化現象の一種ですから、予防するにも限界があり、いずれは受け入れなければならない症状だと言えるでしょう。

 

乱視も老眼もピントを合わせづらくなると言う点では共通していますが、その原因は同じところにあるわけではありません。乱視の場合、角膜もしくは水晶体のどちらかが原因で視力が低下しますが、老眼の場合には水晶体の筋力低下が原因で視力が低下します。老眼になるとピントを合わせられる範囲が狭まるため、近くが見えづらくなります。

 

人の体は加齢に伴って様々な個所の筋力が低下しますが、水晶体の筋力低下もその1つです。足腰が弱って激しい運動ができなくなるのと同様に、水晶体が弱ることでピント調節機能が低下するというわけです。

 

近視や遠視の人が乱視を引き起こした場合、乱視対応型の視力矯正器具を新調する必要がありますが、老眼の場合も同様です。近視や遠視の悪化ではなく老眼を併発した場合、老眼用の視力矯正具を使用することで初めて視力を矯正することが可能となります。

 

乱視であれば、乱視用コンタクトを、老眼であれば、遠近両用コンタクトがありますので、それらを使用すると良いでしょう。