乱視 リスク

乱視が引き起こす健康上のリスクについて

乱視は、近視や遠視に付随する症状に過ぎないと思われがちですが、実は近視や遠視に比べてより複雑な性質を持つのが乱視なのです。

 

矯正器具に関しても、遠視や近視用の矯正器具で何とかなると思っている人がいますが、乱視には乱視用の矯正器具を使わないと、更なる乱視の悪化や体調不良を引き起こしかねません。

 

特に重度の乱視になると、使用可能な矯正器具も限られてくることから、眼鏡を使用することができなくなる場合もあります。

 

重度の乱視を眼鏡で矯正しようとした場合、眼鏡のレンズは極めて厚い物になってしまいます。このような眼鏡を使うと、その厚さゆえには目の前の物との距離感がつかめなくなったり、床が歪んで見えるなどの弊害が出てしまいます。このため、重度の乱視では眼鏡による視力矯正はほとんど行われていないのが現状です。

 

またその他の乱視の特徴としては、遠視や近視に比べて体調不良が現れやすいと言うことが挙げられます。乱視になると、対象物までの距離に関わらず視界が不明瞭になるため、眼精疲労を起こしやすくなります。これは、近くを見ている時も遠くを見ている時も、同じように目を酷使する状態が日常化するためで、乱視特有の症状と言えるでしょう。

 

また遠視用や近視用の矯正器具を使っているだけでは乱視は矯正されませんから、乱視と気付かずに不適切な矯正器具を使い続け、その結果として眼精疲労が慢性化しているケースも少なくありません。

 

眼精疲労が慢性化すると、肩凝りや頭痛などの体調不良にも繋がりますから、視界がぼやけてきたと感じたら、できるだけ早く眼科に相談へ行くことをお勧めします。